3月15日、山崎さゆき後援会事務所でバザーを行いました

2015年3月21日 00時18分 | カテゴリー: 活動報告

                                                                                                     

   
 3月15日、山崎さゆき後援会事務所でバザーを開催しました。
ボランティアの方々の手作り品やケーキ、漬物やご飯、家庭に眠っていた洋服や日用品など、たくさんの品が集まり、にぎやかで楽しい一日となりました。
 チラシの印刷と配布、前日の値段つけや荷物運びなど、たくさんの方たちの参加や応援で行われ、「カンパとボランティアで政治と選挙を行う」ネットワーク運動の素晴らしさを実感しました。

 

 

 

事務所の近所の方々も顔を出してくださいました。挨拶すると、ある方は「わたしも福祉の仕事をしているの」という返事。この会場から、政治への関心が少しでも広がればいいなと感じています。市民感覚を大切にし、議員が「先生」ではなく、生活者の「代弁者」であるネットワーク運動だからこそ、身近なところから個々の声がとどき、より好い暮らしへ変えていくことができるのです。

 「楽しかったわ」とお帰りになった方々の声を聞きながら、ひとりひとりが政治に参加し、楽しく活動を続けていきたいと実感していただけるよう、努力していきたいと思いました。