子育て不安を解消します(動画)

2015年4月22日 14時44分 | カテゴリー: 活動報告

 4月から始まる「子ども・子育て支援新制度」で、大和市は認可園に入るための最低就労時間を月64時間に決めました。今後は、短時間就労希望の保護者も認可保育園を利用しやすくなります。

 市が事業計画策定にあたって実施したニーズ調査結果では、母親が就労せずに子育てに専念している割合は59.6%と過半数以上でした。そのうち、緊急時などに子どもをみてもらえる親族や知人がいないとの回答が12.5%あり、孤立した状況で子育てしている家庭があることが伺えます。

 市は待機児童解消に向けた保育園等の建設に邁進していますが、子育てに専念している保護者のリフレッシュ機会を確保し、子育て不安の解消や虐待を防止するためにも、認可園の機能等を活用した「一時預かり事業」を拡充することが必要です。