厚生常任委員会 視察報告

2015年10月29日 10時30分 | カテゴリー: 活動報告

10月20日から22日にかけて、大和市議会 厚生常任委員会の視察に行ってきました。

静岡県湖西市(子育て支援について、認定こども園見学)

滋賀県県庁(若年性認知症対策について)

富山県富山市(育サポとやま、富山型デイサービスについて)

                               富山市庁舎

  滋賀県の若年性認知症対策は、65歳以下で認知症を発症した方々に対する事業で、子育てが終わっていないなど、経済的にも対策が必要となります。職場の理解の重要性や家族へのケアなど、安心して暮らせる社会への実現へ向けて意義深い取り組みだと思いました。

 富山の「富山型デイサービス」は、民家を改修した地域と密着した施設内において高齢者、身体障害者、知的障害者、心身障害者、乳幼児を同じ施設で処遇するという事業で、現在富山で53か所、日本全国では1140か所にも広がっています。多世代共有型施設として素晴らしい取り組みだと思いました。車いすの高齢者が赤ちゃんを抱っこしてあやしたり、体が動ける知的障害の若者がスタッフとして働いたり、これからこの国が目指していかねばならない共生社会を先取りしています。上手く活用すれば、空き家対策としても有効と思います。

 視察で吸収した取組みを私が住む大和市にもいい方向で活用することができるよう、努力していきたいと思います。