12月議会が終わりました

2015年12月24日 09時44分 | カテゴリー: 活動報告

  12月18日(金)の本会議で、12月議会が終了しました。

 市道路線の認定、特別会計補正予算、一般会計補正予算、陳情書、議員提出意見書などなどについて討論、採択が行われました。

 神奈川ネットは、陳情書「安全保障関連法案の廃止を求める意見書を国に提出することを求める陳情書」、議員提出議案「神奈川県に私学助成の抜本的な改善を求める意見書」などに対し、賛成討論を行いました。

 安全保障関連法案については、当初から一貫して反対している立場から、神奈川ネットも廃止を求める陳情書に賛成討論を行いましたが、27人中賛成10で不採択になりました。直後、傍聴席から抗議の声が上がりました。傍聴者の発言は禁止されているため、議長によって阻止されましたが、「反対討論もなく採決するのか」との訴えはもっともだと思います。この議会中、保守系の議員は、安保関連法案のことを「平和安全法案」と「平和」を強調して連呼していました。確かに「安全」と名はつきますが、集団的自衛権の行使を可能とするこの法案は、テロの嵐が吹き荒れる今の世界にとって本当に「安全」なのでしょうか?

 私学助成についての意見書は、全員賛成で採択されました。私立高校は、公立高校に入学がかなわなかった学生も多く通っています。子どもの貧困が問題となっている現在、神奈川県の私学助成基準の低さは、私学に通う生活困窮家庭の子どもを窮地に追い込んでいます。授業料を払えないがゆえに退学を余儀なくさせられる子どもを一人でもなくすため、神奈川県は私学助成の改善に一刻も早く取り組んでもらいたいと思います。

  一般質問は、「インクルーシブ教育」「特別支援学級」「中学生の学習支援」について行いました。今後、ご報告していきます。