より多くの目と手で子どもの見守りを

2021年度の新たな事業として、大和市は「子ども宅食やまと」を実施することになりました。養育支援訪問事業の一環で、養育面で支援が必要な家庭を週1回訪問し、お弁当を届け、状況の把握を行うというものです。

養育支援訪問事業は、臨床心理士やヘルパーを派遣することなどにより、子どものいる家庭を見守り、虐待を防止するためにあります。より多くの手と目が関わることにより、育児の大変さを少しでも減らし、保護者が自ら子育てを行う手助けをすることができます。私もかつてヘルパーとしてこの事業にかかわったことがありますが、支援の手が入らなかったら、もしかしたら施設に行くことになったかもしれない子どもが、親の元ですくすくと育っている姿を見て、役に立てたうれしさと共に、関わることの大切さを知りました。

ただ、行政が行う事業には期間設定というものがあります。3カ月や6カ月という期間を超えてみまもりが必要な家庭はたくさんあります。今回、新たな事業として宅食が始まったことは評価できますが、個々の家庭に寄り添った柔軟な体制を作っていくことが重要です。事業を注視していくとともに、今後も子ども政策に力を入れ、提案を続けていきます。