「やまと公園」の休憩所議案に反対しました

12月議会では、「やまと公園」に新設する休憩所の工事請負契約議案が上程されました。工事金額は、2億3100万円です。休憩所はその他に電気設備などにより総額5億かかり、公園全体では11億円を投ずることになる事業計画です。

上程時、市議会に示された休憩所の説明図はトイレの位置がわかるだけの簡単なものでした。環境建設常任委員会でこれでは審議できないとの意見を受け市側が設計図を提出したことにより、初めて詳しい構想を見ることができました。

なんじゃこりゃ?というのが、はじめの感想です。

設計上配慮した内容は、概要説明によると、
1、休憩所を利用しながら、公園で遊ぶ子どもを見守ることが出来るよう、公園に面する壁面はガラスとする。

2、再生可能エネルギーを積極的に活用するとともに、地震等の災害利用を見据え、屋根上に太陽光発電設備を設置する。

3、施設内に段差を設けない、みんなのトイレを設けるなど、バリアフリーに配慮する。

の3つです。2、3については今の時代当然であるとしても、利用するための配慮は1の壁面をガラスにすることだけしか書かれていません。しかも、公園で遊ぶ子どもを休憩所の中から見守るという発想は、到底理解できません。幼児ならば2~3秒で駆け付けられる場所にいる必要があります。休憩所の中から見守っていればいいような子どもは、少なくとも小学生以上で、そもそもずっと見守っている必要はありません。

やまと公園の休憩所は中央林間駅そばにある「ポラリス」の市民交流スペースのようなものを想定しており、つながっている休憩室1、2、3全てにテーブルと椅子を設置する予定です。ガラス面に沿ってずらっと配置する椅子を含め、160人が座れるスペースがあるとのことです。フリーWi-Fiも備えるとのことですので、使用対象はポラリスのように市民や高校生の学習や仕事スペースという気がします。ただ、大和駅にはシリウスがあります。シリウスにはカフェや図書館があり、そちらの方が断然便利です。わざわざ公園に行って勉強したり、読書する人は少ないと思います。

子ども連れのための小児椅子や寝てしまった赤ちゃんを寝かせられるベッドを入れるなどの構想はないようです。すべての年代が使えるような休憩所にするには、ポラリスのプレイルームや親子交流テラスのように土足で入るのではないソフトな床があり、テーブルなどのないスペースは必須と考えます。現設計は、その観点が全くありません。ですから、赤ちゃん連れや小さな幼児を連れた人は、この休憩所はあまり使えません。

休憩所の詳細な設計図を見てまず思ったことは、「こんな立派なものがコロナ禍の財政難の時代に必要なのか」ということです。全面ガラス張りで、屋根は大きな平屋です。見栄えはたいそうよいと思います。公園が設計どおり完成し、電車からみたら「何か立派なものがあるぞ」と思うような建物です。広告塔としての役割を重視しているようなので、それが故の見栄えなのでしょう。ですからちょっと行ってみようかと考える人は多いかもしれません。ただ、行ってみても何もありません。トイレとテーブルと椅子があるだけです。なんだ、何もないのかとがっかりする人も多いのではないでしょうか。
避難所や防災倉庫としての役割があると市は力説しますが、大和駅近隣にはシリウスやベテルギウス、スポーツセンターなど避難できる施設がたくさんあります。備蓄倉庫が足りないのであれば、公園の一角に倉庫のみ建てれば済むはずです。

公園をリニューアルするにあたって、パブリックコメントも行われていません。自治会の意見もありません。かつてあった木を伐採したことに対してショックを受けて怒っている市民の声はよく聞きます。だから市民の声は聞かずに設計を進めたのでしょうか?大和市の姿勢は疑問ばかりが募ります。

この議案は環境建設常任委員会では、賛成少数で否決されました。最終日の本会議では、13対13で賛否が同数になり、議長が賛成したため可決されました。市民の代弁者である市議会議員の半数が反対している休憩所。市民の意見が全く反映されていない構想。これは本当に必要なものなのでしょうか?今でももやもやしています。